2022年12月31日

冬鳥たち

ヒメハジロに話題をさらわれてしまって、他の冬鳥が置き去りになってしまった。
私が通う川辺には10月末にトップを切ってオオバンが飛来した。
それに続いて、キンクロハジロ、オナガガモ、マガモがやって来たことは、すでに掲載済みだ。
その後、コガモ、オオヨシガモ、サブエクリプスのハシビロガモ、カイツブリの幼鳥達がやってきて賑やかになった。

ma コガモ.jpg
コガモ

maオオヨシガモ.jpg
オオヨシガモ

maハシビロガモサブエクリプス.jpg
サブエクリプスのハシビロガモ

maカイツブリ幼鳥.jpg
カイツブリの幼鳥

しかし、これらのカモ類はいつも居るわけではなく、オオバンだけの日もあるし、5種類ぐらいのカモ達が入り混じっている日もある。
しばらくは数を増やしたり減らしたりしながら、ヒメハジロと共にバードウォッチャーを楽しましてくれるだろ。

ここの所、パソコンと鳥の話になってしまって、自分が虫屋ということを忘れていた。
寒くなってから、フユシャクというガの仲間を探している。
名前にフユと付くように寒くなると発生し、羽化してから死ぬまで何も摂らず、餌に乏しい時期の鳥たちの貴重なタンパク源になったりする。
この仲間のメスは翅が無く、歩き回るのみで、フェロモンを出してオスを誘引し交尾する。
このメスや交尾シーンを撮りたいと長い間探しているのだが、未だに果たせないでいる。
何回も出かけて、チャンスを掴みたい。

家内が網戸にガがいると言うので、カメラを掴んで表に出た。
気配を感じたのか、ゆっくり上方へ歩いてゆくのを写真に撮った。
パソコンで確認すると、翅の縁に小さな白斑があるので、すぐ判るだろうと思って図鑑を調べたが、3回見返しても該当するガがいない。
思案の末画像検索したらハゴロモの仲間と判って、カメムシ目の図鑑で発見した。

maアミガサハゴロモP1030343.jpg
アミガサハゴロモ
初見だが、この状態で網戸にくっついていたら普通はガだと思う。
発生初期は暗緑色をしているらしいが、時間が経ってこんな色になった。

最後に虫の話になって、虫屋の面目を何とか保つことができた。

いよいよ大晦日ですが、皆さま良い新年をお迎えください。


posted by massy at 00:53|

2022年12月23日

迷鳥現る

今年も残り少なくなった。
前回は11月の末に更新していて1ヶ月ぶりの更新だが、冬鳥が飛来してくるようになると珍しい鳥が混じる事があると予言しておいた。
その予言が現実になった。

いつもの所へ鳥の様子を見に行くと、オオバンの群れの中に白い鳥が1羽混じっていた。
鳥にあまり詳しくないので家で調べることにして、とにかく撮っておこうと激写した。
頻繁に潜水を繰り返すので撮りにくかったが、良く観察しているとどの辺に浮上してくるか予測できるようになったので、浮上するのを待ち受けて撮影した。

ヒメハジロ 1.jpg
ヒメハジロ オス
特徴的な羽色から、すぐヒメハジロだと判った。
国内での確認例が少ない迷鳥らしい。
鳥好きな友人に連絡したら、ビックリするほどの幸運ですね!と返信が来たけれど、虫屋にとって鳥の順位は低くいので、「フーン、そうなんだ」という程度しか感じなかった。

1日おいて、もう他所へ飛んでいたかもしれないと思いながら川へ行ってみた。
岸辺に優に100人を超すカメラの放列が出来ていてビックリ、鳥屋さんの情報の速さに驚いた。
例の友人に話したら、今は携帯電話があるのでその場から連絡して、ねずみ講的に情報が拡散すると教えてくれた。
一昨日は独り占めで撮影できたのに、今日は騒然とした中でシャッターを切った。
ギャラリーが多いと鳥も神経質になるのか浮上時間も短く、浮上してもすぐ潜ってしまうのでファインダーに捉える事が難しく、証拠写真程度で止めてしまった。
時々撮影機材のカタログを眺めて価格を知っているので、カメラ本体、望遠レンズ、三脚の3点セットで100万円を超すような機材がズラリと並んでいると見当が付く。
この岸辺はン億円の価値があると、鳥の観察そっちのけで眺めていた。

1週間たって、川の様子を見にいった。
ギャラリーは少し減ったが相変わらずの盛況で、これを見ると友人の幸運ですと言った意味がわかった。
私もすごい事だと認めざるをえない。

ヒメハジロも潜水と浮上を繰り返していた。
浮上して泳いでいる時間は相変わらず短いけれど、オオバンが小飛びした時一緒に飛び立ってすぐ着水した。
着水後連写で狙っていたら、珍しく浮上している時間が長く、立ち上がるようにして羽ばたくシーンが撮れた。

ヒメハジロ 羽ばたき.jpg
羽ばたき
これはラッキーだ。

初めてなので3日連続で通ってきたと言う人、20数年ぶりに見たという人、浮上している時間が短いので写真が撮れないと嘆いている人等々、ヒメハジロが居る限り岸辺で色々なドラマが繰り広げられる。


posted by massy at 00:19|

2022年11月22日

冬の使者たち

1日置きに歯医者へ通っていた治療が、2ヶ月かかってようやく終わった。
その合間を縫うようにいつも行くの川の定点観測地へ出かけていて、撮った写真を抜いたら結構な種類の冬鳥が写っていた。
今の時期、幼鳥やエクリプスのオスがいたりして判定の難しいことがあるが、時間を掛けて突き止めたときは何となくうれしい。
ただ、写真は10月末から11月半ばに撮ったものであることや観測地は数か所にわたっている事をお断りしておく。

オオバン.JPG
オオバン
冬鳥一番乗りで、10月の最終週には飛来していた。
いまのところ20羽程度だが、これから続々到着するだろう。

マガモ.JPG
マガモ
上陸して採餌している。
オスの頭が緑色なのですぐわかったが3番が飛来した。

キンクロハジロ.JPG
キンクロハジロの幼鳥
色々なカモ類が入り乱れる中で、頻繁に潜水して採餌していたので、カイツブリだと思ってシャッターを切った。
帰宅してパソコンで見たら様子がおかしいので色々調べたら、キンクロの幼鳥だった。
スズガモのエクリプスかもと疑ったが、左のオスに小さな冠毛が出ているので間違いないと思う。

ホシハジロ (1).JPG
ホシハジロの幼鳥
頭頂部から嘴の先端へのカーブが独特なので判別は容易だったが、この場所へは初めて飛来した。

オナガガモ.jpg
オナガガモ
エクリプスのオナガガモ、尾羽はまだ短いので?と思ったが、体の色からして冬羽一歩手前といったところだろうか。

まだ時期が早いので、これらのカモは定着するかどこかへ移動するか判らないが、これからコガモ、カイツブリも飛来してにぎやかになるだろう。
これらに混じって珍しい鳥がやってくることがあるので油断ならない。

冬鳥に混じって居着きの鳥たちも沢山いる。

コサギ.JPG
コサギ
最近コサギを良く見るようになった。この写真には5羽しか写っていないが、全部で11羽集まっている。
脚の先が黄色いのですぐ判る。

ケンカ.JPG
コサギとアオサギのケンカ
餌場を巡ってアオサギがコサギを追い払っていた。
鳥の世界でも体の大きさがモノをいうのだろうか。

アオサギ.JPG
アオサギ
胸の飾り羽根がおじいさんの髭のように見える。

カワセミメス.JPG
カワセミ メス

カワセミオス.JPG
カワセミ オス
久しぶりの出会い。
一度終わった河川工事が再び始まって濁り水になる日がある。
濁り水になると全然姿を現さないがこの日はササ濁りだったので、この辺りまで遠征してきたらしい。
来年の繁殖期までに工事が終了してほしい。

冬鳥の飛来で定点観測に行かなければならないし、山の方へフユシャクというガを探しに行かなくてはならないし、年末まで結構忙しい。


posted by massy at 23:33|

2022年10月31日

のんびりノートパソコンを速くする


ノートパソコン.jpg
左がDELLのWin10機 右がH PのWin11機
後のモニターはデスクトップのWin10機とWin7機を切り替えて使っている。

4年前に、コストパフォーマンスを優先してWin10のノートパソコンを買った。
DELLの製品で、オフィスのホーム&ビジネス2016が入って10万円だった。
CPUはパソコンの心臓部だが、インテル社の同じクラスのものより少し性能が良いとの説明があったのでAMDのものを選んだ。
ストレージはHDDでATA接続の1TBで5200回転のもの、光学ドライブはDVD±RWが内蔵されていた。

比較的安い製品だったので、立ち上がりの時間はこんなモノであろうと思って使っていた。
PINの入力画面が出てくるまで4分ぐらいかかり、PINを入力すればすぐ初期画面に移行するものの、そこでワードを開いても使える状態になるまで10秒ぐらいかかるし、私の早くないキーボード入力についてこられない程ののんびりしたノートパソコンだった。

ネットで「遅いパソコンを速くする」と検索したらいろいろ引っかかってくる。
どのサイトも基本的にやる事は似ているけれど、一つだけ良さげなのがあったので実行してみた。
それでも速さを実感できる程ではなく、何となく速くなったかなという程度だった。

その頃、デスクトップのWin7機を使っていて、2020年1月14日にOS のサポートが終了してしまった。
1年ほど様子を見ていたが、そろそろ替え時かとWin10のデスクトップを買った。
注文の時、オプションでストレージをSSDにして貰った。
使い始めたらSSDの効果はてきめんで、立ち上がりの速さにびっくりした。
それ以来、のんびりノートパソコンは電源を入れるのも億劫だったが、それでも月に1回以上は使わなければならないので、そのたびにイライラしながら使用していた。
安物買いの銭失いだったとのんびり君と名付けたこのパソコンに舌打ちしたい思いだった。

それらのストレスが爆発して、8月に右側にある新しいWin11のノートパソコンを購入した。
このマシンに関する話は10月16日のブログに譲ることにする。
こうして、デスクトップ型のWin7、Win10機、ノート型のWin10、Win11機の計4台のパソコン持ちとなった。デスクトップ型の写真は10月20日の記事にあります。

のんびり君のノート型Win10機は新しいノートパソコンが来たら処分する積りだった。
時々メールをしている東芝のパソコン部門にいた友人が、HDDが5200回転では遅いのでSSDに交換すれば良く、自分でもできるよーとアドバイスしてくれた。
SSDの速さは体験済みだし、自分で出来るなら部品代だけで済むのでその気になった。
準備のためパソコンをひっくり返して見たら、11本の小さな十字ネジを外さなければならない。そのうちの1本は十字の溝が変形しかけていて外せるかどうか心配だった。
ネジが外せても裏ブタを外す時、メーカーに依ってはヘラ状の特殊な道具がいる事もあるらしい。
あれこれ心配事があるので、少々お金がかかってもPCデポに任せることにした。
すぐにお店へ行って、HDD → SSDの換装、開けたついでにメモリーを8GB(4×2)から16GB(8×2)へ増設、OS(Win10)のクリーンインストールを頼んだ。

3日後に出来上がって、のんびり君を引き取りにいった。
かかった費用は4万円ちょっとだったがこれが高いか安いか今後評価したい。
電源を入れたら、初期画面でごみ箱とエッジのアイコンが表示された。
OSのクリーンインストールだけを頼んだので、新品のパソコンを買った時のように初期設定をするつもりで準備していたらいきなりこの初期画面が出てきたので、自分でやらなくてもいいんだと拍子抜けした。
オフィス2016とフォトショップを再インストールし、DVD再生用のフリーソフトとミーティング用Zoomクライアントをダウンロードして、以前の状態に戻ったので作業は終了。
再起動したら、のんびり君が超速や君になっていた。

ちなみに、4台の立ち上がり時間をスマホのストップウォッチで計ってみた。
Win7機以外は電源プランのなかにある、「高速スタートアップを有効にする」のチェックを外してある。
購入順に並べると
 H P  デスクトップWin7機  1分20秒
 DELL  ノートWin10機     25秒
 H P デスクトップWin10機    34秒
 H P  ノートWin11機     27秒
                      
となった。

インストールされているソフトの数や内部システムの違いなど条件的な違いはあるだろうが、のんびり君が4分30秒から25秒の超速や君に変身して最速となった。
こんなに激変するとキツネにつつまれたような気分だ。
SSDへの換装はメリット、デメリットがあるので、これから様子を見ながら使いたい。

今月は自然観察の記事がなしで、パソコンの記事で暮れた1ヶ月でした。
明日から11月、今年もあと2ヶ月だ。



posted by massy at 21:32| パソコン

2022年10月20日

ディスクトップパソコンの配置換え

ディスクトップパソコンはWin10機とWin7機の2台があって、両方ともパソコンデスクの下に置いてあり、Win10機をメインマシンに、Win7機をサブサブマシンとして使っている。

入れ替え前.jpg
左がWin7機、右がWin10機(以前の配置)

Win10機を購入した時右側にスペースを作ってそこへ入れた。
2台体制で使い始めてみると、モニターが左側に寄っているので仕事をするとき左側に寄る。
すると、長い脚の膝にWin7機がぶつかるようになった。
計ってみると約8センチ出っ張っていることが判り、ノートパソコンの設定が全て終わって一段落したので左右入れ替えることにした。

Win7機の方はサブマシンなので、電源ケーブル、HDMIケーブル、有線マウスと有線キーボード、有線LANのケーブル類を抜いて、本体は簡単に右側へ引っ越しさせた。
Win10機は電源、HDMI端子からディスプレイへ、USB2.0接続でワイヤレスマウス&キーボードの受信機とZOOM用のカメラ、USB2.0のハブ経由でプリンター2台とカメラの画像取り込み用のミニプラグが、USB3.0接続で1TBの外付けHDDとカードリーダー、音声出力からスピーカーへ、LANの口には有線ケーブルが接続されていて、抜いても元へ戻せるか心配になるぐらい沢山ケーブルがある。
ケーブルの長さに余裕がないので机の下へ潜り込み、再接続後のケーブルの取り回しを考えながら作業した。
狭い所で窮屈な作業をしたので、机の下から出てきたころは腰が痛くなった。
ついでに、有線LANのケーブルはすべてカテゴリー6Aの物に交換した。
どちらのマシンも冷却用の吸排気口を塞がないよう気を付けて、予定していた場所に納めた。

入れ替え後.jpg
左がWin10機、右がWin7機(配置換え後の様子)。
これで膝がぶつからなくなり、快適に仕事できる。

Win7機の方から電源を入れる。
インターネットの接続、メール、ワードなどすべてOK。

次にWin10機の電源を入れる。
順調に立ち上がったように見えたが、「ありゃっ! アイコンがとっ散らかっている」。

とっ散らかり.jpg
とっ散らかったアイコン達。

これでも使えない訳ではないが、やはり自分のルールで並べた順番に表示されたほうが気持ちが良い。
「アイコン 配置が変わる」で検索するといろいろな対応法が出てきた。
一通りのことをトライしてみたが改善されなかった。
レジストリ―をいじるとパソコンが起動しなくなったりするので踏み込みたくなかったけれど、思い切ってBagMRUとBagsを削除して再起動した。
そしたら見事に回復して、アイコンの位置情報が記憶されるようになった。 ふーーーーっ。

修正後.jpg
回復したアイコン達

その後、ワードの文章を上書き保存すると、テンポラリーファイルが作成されたり、同名の別のファイルが作られたりするようになった。
この文章を書いているときに現れた例。

スクリーンショット Temp.jpg
テンポラリーファイル
下のワードの文章のもの。ボーとしていて幽霊のよう。

スクリーンショット影武者.jpg
~$ 同じ名前のファイル
上のワードの文章のもの。ファイル名が似ているので影武者か。

両方同時に出ることは少ないのだが幽霊か影武者のように付きまとっている。
ワードを終了すれば一緒に消えるのでほったらかしにしてある。
どうしても気になるようだったら、検索して対策を考えよう。
アイコンの件にしてもワードの件にしても、以前無かった症状が出たということはケーブル類の抜き差しが原因なのだろうか。
いくら考えても謎だが、ネットで検索すれば原因や対応の仕方がわかるので時間をかけて対策したい。

追記 
ヒマな時に、幽霊や影武者の出現に関して「~$ ファイル」で検索していたら、隠しファイルの表示が関係しているのではないかという記述があった。
アイコンのトラブルシューティングの時に隠しファイルを一時的に表示する必要があり、「隠しファイルを表示する」にチェックを入れ、そのまま元へ戻さずにいた。
チェックを外してやったら幽霊も影武者も退散して、ケーブルの抜き差しが原因ではなかった事が判明した。
ネット情報さまさまである。


posted by massy at 07:00| パソコン